自動車保有とタクシー生活

車関連の話でよく議論されるのが、自動車とタクシーどちらが安いのかと言うことです。結論からいってしまえば、様々な環境や経済状況をよく考えた上で、どちらが得かは変わってきます。一般的には、お店がたくさんあって物価が高い都会ではタクシー、近くにお店が無くて物価が安い地方では自動車が得ということになります。前者では車で移動するほどでもなく、ガソリンも高いので車を保有する理由があまりありません。一方後者では、車で移動しないとお店まで行けないが、ガソリン代や駐車場などの土地代もそんなにかからないので、車の方が得になります。もちろん、その他細かい条件を加えていけば、どちらが良いのかは変わってくるので、自分に適した選択が出来るようにしっかりと分析することが大切です。

タクシーが欠かせない生活

自動車を所有していない人にとって欠かせないのがタクシーです。特に地方では1人で暮らしているお年寄りも少なくはなく、介護が必要のない人でも買い物に行けば重たい水やお米を家まで運ぶのは想像以上に大変な作業です。定期的に子供や孫が来てくれれば良いですが、現代では中々そうもいきません。また、定年後でも期待できるほどの年金額がもらえないということもあり、利便性の悪い家賃の安い所に住みがちです。だからこそそうした生活には自動車が必要であり、荷物を運んでくれるサービスを行ってくれるタクシーが欠かせなくなります。

自動車とタクシーの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; タクシーを自家用自動車の代わり All rights reserved